サイクリング野郎

ARGON 18 Kryptonで東葛地区中心に走る40代。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトな乗り味

午前中、新しい自転車(Corones)で江戸川CR~利根運河~利根川CRを走ってみました。

Trek7.5FXより明らかにソフトな乗り心地です。路面の凸凹をあまり感じません。Trekだと、路面が荒れたところだと振動が大きくてスピードをかなり落とさなければなりませんでしたが、Coronesはそれほどではありません。

同じアルミフレームなのでフレームが要因とは考えにくいので、それ以外だとするとホイールとタイヤの違いが考えられます。

Trek7.5FXは前輪がラジアル組、後輪がいわゆる2クロスと呼ばれる組み方です。僕の組んだDTswissは前後輪とも3クロスで、比較的剛性が小さくなります(スポークテンションがいいかげんだけど...)。また、タイヤはTrekがPanasonic Closer、今回はMichelinのLithionです。前者は適している空気圧の範囲が高くいつも9気圧ぐらい入れてますがミシュランは7気圧にしています。これも大きな要因と考えられます。

今度、タイヤを変えて乗り味を再度比較してみたいと思います。自分ですべて組んでみていろいろと不安な点もありましたが、まずは何事もなく初走行ができたので満足しています。

距離:45.7km

スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://scipio1815.blog33.fc2.com/tb.php/82-c4ab1441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。